H29年度 随縁に集う

H29年度 随縁に集う
開催日2017年11月29日(水)~2017年12月03日(日)
開催時間プログラムにより異なる 
内容

「美濃桃山陶の聖地」可児市は、国宝志野卯花墻(うのはながき)を生み出したまちです。また縁に随った人間国宝荒川豊蔵(志野・瀬戸黒)が志野復興を遂げたまちです。

そこで、地元住民の方との縁を大切にしたイベント「随縁に集う」を開催します。

 

【プログラム一覧】

(1)追体験 ※要申込

日時:11/29(水)・12/1(金)・12/2(土) 10:00~

内容:人間国宝・荒川豊蔵の茶碗でお茶を飲みながら、資料館学芸員の話を聞き豊蔵の暮らしぶりをご堪能ください。

参加費:1,000円

定員:各回8名

(2)窯めぐり ※要申込

日時:11/29(水)~12/3(日) 13:00集合(2時間程度)

内容:美濃桃山陶の聖地・大萱で活躍している陶芸家の制作現場を体験・見学いただけます。

陶芸家:加藤裕子(12/1のみ)、瀧口喜兵爾・大喜(12/2のみ)、月村貴彦

参加費:5,000円

定員:各回5名

(3)自然観察会 ※要申込

日時:11/29(水) 13:00~

内容:荒川豊蔵が愛した自然を講師と共に鑑賞します。

参加費:無料

定員:8名

(4)窯心

日時:11/30(木) 13:00~14:30

内容:発掘調査した窯、豊蔵の窯について可児市文化財課学芸員による講演会を行います。

場所:久々利公民館(可児市久々利1644-1)

参加費:無料

(5)久々利保育園茶会

日時:12/3(日) 13:00~15:00

内容:地元作家の器を使い園児がおもてなしをします。

場所:荒川豊蔵資料館

参加費:無料

(6)東明小学校作品展

日時:11/29(水)~12/3(日) 9:30~16:00

内容:地元の小学校に通う児童が制作した美濃焼き作品を展示します。

場所:荒川豊蔵資料館

(特別)可児陶芸協会作品展「随縁 ~縁に集う陶芸家たち~」

日時:11/29(水)~12/3(日)

内容:400年前からの美濃桃山陶の想いを伝える可児陶芸協会員の展示会を行います。

場所:ギャラリー萬葉(可児市久々利810)

 

【申込は11/10まで】ハガキに必要事項を記入の上、観光交流課まで送付

※申込み方法・・・詳しくはこちら

 

チラシPDFこちら

 

 
場所
名称:荒川豊蔵資料館
住所:〒509-0234 可児市久々利柿下入会352
地図を読み込んでいます・・・
雨天時 雨天決行
駐車場
最寄りの駅
その他
主催者 可児市役所観光交流課
連絡先 連絡先(名称):可児市役所観光交流課
電話番号:0574-62-1111
メール:kankou@city.kani.lg.jp
URL:http://minomomoyamato.jp/pc/index.cfm